仕事、勉強、ダイエット……物事が長続きせずに悩んでいる方へ。揺るぎない信念を作るマインドレコーディング

「うまくいかないこと」を乗り越えるには

もっと仕事で結果を出したい。勉強して資格を取りたい。身体の気になる部分を引き締めたい。私たちは常に何かしらの悩みや願望を抱いています。そして、そのためのノウハウがネットや書籍でたくさん語られています。

『いま、すぐ、簡単にできる』。そう宣伝されている内容を読んで、「なるほど、こうすればうまくいくのか」と納得したことは誰にでもあると思います。しかし、その納得は現実になったでしょうか。おそらく、答えはノーでしょう。

情報時代である現代は、どんなことでも始める前からノウハウが手に入ります。勉強熱心な人間ほど、色々なやり方を学んで試しては、「これもうまくいかないのか」という挫折を繰り返し味わいます。それは今の時代だからこそ苦しむことになる地獄の一つです。

人間は「頑張ればうまくいく」という根性論だけではうまくいきません。しかし、「こうすればうまくいく」という方法論だけでもやはりうまくいきません。なぜなら、どんな挑戦も「うまくいかないこと」の連続だからです。そして、その「うまくいかないこと」を乗り越えるために信念が必要になります。

42キロのダイエットに成功したファッションデザイナー

人間は「心を揺さぶられた時」に「自分なりに考えたこと」が信念になります。シャネルのデザイナーだったカール・ラガーフェルドはかつて100キロを超える肥満体でした。それが『ディオール・オム』というブランドの細身のスーツを見て、「これを着たい」と考えて、42キロ減のダイエットに成功しました。

本来、ダイエットと『ディオール・オムのスーツ」は関係がありません。しかし、彼にとってはそれが「自分はこれを着るために痩せるんだ」という信念を持つきっかけになり、ダイエットの原動力になっています。

ダイエットといえば、食事制限や運動が定番です。その二つを行えば、痩せられるのは誰もが理解しています。しかし、頭ではわかっていてもそれだけでは実行できず、信念という「自分だけの理由」を必要とするのが人間なのです。

自分の信念を知るためのマインドレコーディング

私は人間の原動力である信念に注目し、その信念を持つための手法として「マインドレコーディング 」を考案しました。

〈マインドレコーディングの5ステップ〉
1.テーマを決める
2.ヒントを集める
3.エピソードを振り返る
4.フレーズを作る
5.アウトプットで確かめる

マインドレコーディングは私が今までに請け負った多数の人生相談から導き出した答えです。人間は信念を持つ過程で、この5つのステップを自然に踏んでいます。それはこの5つステップを意識すれば、信念を持ちやすくなるということです。実践者からも次のようなお声を実際にいただいています。

・飲み過ぎだったお酒を飲まなくても平気になった
・散らかり放題だった部屋を片づけられるようになった
・母親譲りの愚痴をやめられた
・上司に自分の意見を言えるようになった
・他人の言いなりだったのが強気な自分になれた
・自分に自信がついて、相手に自分の考えを理解させようとしなくなった
・毎日を穏やかに過ごせるようになった
・「やめようやめよう」と思っていた会社から転職できた

私は「努力がいらない」とは言えません。また、「私があなたを成功させてあげます」とも言えません。しかし、「報われない努力」を「報われる努力」に変える手助けはできます。今までに失敗や挫折を繰り返してきた方ほど、その重要性がよくわかるはずです。

マインドレコーディングは『人生を変えるマインドレコーディング』という書籍になり、扶桑社から出版されています。おかげさまで平均評価4.7、Amazon『思想カテゴリ』6位の高評価を頂いています。

人生を変えるマインドレコーディングに頂いたご感想

人を救うのは「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもありません。「結果がどうであろうと自分はこれをやるんだ」という信念です。人が自分に足りないと悩む、自信や勇気や情熱はそこから生まれます。まずはご一読ください。

人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)


マインドレコーディングとは?

「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、物事を成し遂げるための信念を持つ手法。それがマインドレコーディングです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る