+J・ジル・サンダー「ハイキング店」で察知した流行ファッション

世界的なファッションデザイナー、ジル・サンダーとユニクロのコラボコレクション『プラスJ』。全国各地のユニクロに行列ができ、メルカリで転売が続出するなど大きな話題になりました。

デザインを担当したジル・サンダーは1973年にパリコレでデビューしました。このときは時代の流れに合わず1980年に撤退しましたが、1985年に再びミラノコレクションに参加すると一気に脚光を浴び、トップデザイナーの一人になりました。

ジル・サンダーはなぜトップデザイナーになれたのか。プラスJ発売に合わせて公開された雑誌『WWD』のインタビューを読むと、その一端がわかります。「もしファッションで何かを発明できたとしたら?」というインタビュアーの質問について、ジル・サンダーは次のように答えています。

“今ならライトダウンジャケット。20年前にハイキング店で初めてライトダウンを見たとき、これが新しい“毛皮コート”になるだろうと感じた。私は毛皮を軽くしようとデザインをしていたが、ライトダウンが代わりになっていた。”

「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。

ジル・サンダーにとって、ハイキング店は「異業種」です。そこでライトダウンを見かけて、「これが新しい毛皮コートになる」という信念を持ちました。実際に今回のプラスJでも、ライトダウンコートをデザインしています。つまり、異業種を見て、自分の業界の流行を察知したということです。

ビジネスには、流行に対する先見性が欠かせません。世間ずれは成功を難しくします。職人肌、学者肌、人のためになりたいと考えるタイプほど、この傾向が顕著です。その結果、経済的に厳しくなっていきます。

流行には、「だんだん見聞きする頻度が増える」という前兆があります。大切なのは、自分の好みを脇に置いて、頻度だけで判断することです。「なんかよく見聞きするけど、自分は興味ないな」では、ビジネスはできません。

反対に、見聞きする頻度が少ない段階で察知できるほど、先見性が高いことになります。20年前に初めて見ただけで、「これからは毛皮じゃなくてライトダウンがコートになる」と考えたジル・サンダーはさすがです。この先見性がなければ、トップデザイナーにはなれません。

信念論とは?

人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が、行動力の正体です。信念論を知ることで、悩みや困難を乗り越えられるようになります。詳しくは下記リンクをご覧ください。