ゴンチャ・原田泳幸CEO「自社の強み」を知っているから崩れない自信

2018年から2019年にかけて大流行したタピオカミルクティー。しかし、2020年になるとブームも下火になり、『CoCo都可』『ALFRED TEA ROOM』といった有名店が閉店しました。『貢茶(ゴンチャ)』もその一つです。

しかし、2019年12月にゴンチャのCEOに就任した原田は「タピオカブームが終わっても、ゴンチャは成長する」とコメントしています。閉店する店があっても自信を崩さずにいられるのは、ゴンチャを「タピオカミルクティーの店ではない」と考えているからです。

ゴンチャは紅茶、ウーロン茶、ジャスミングリーンティー、阿里山ウーロンティーの4種類のお茶について、世界最高の茶葉を持っていると言います。原田CEOはそれをゴンチャの強みと認識しており、「ゴンチャはアジアンカフェのブランド」という信念を持っています。

この信念に基づいて、ゴンチャでは「お粥のセットメニューを提供する」という施策が打たれています。自分たちをタピオカミルクティーの店だと考えていないから、タピオカブームが終わっても自信が揺るがない、というのは当たり前の話です。

「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。

原田CEOはゴンチャを「経営者」の視点で見ています。その視点から見える風景は、一般の消費者が見る風景とは異なります。「タピオカブームが終わって、原宿表参道のゴンチャも閉店した」というニュースを消費者の視点で眺めていると、「ゴンチャはオワコンだ」と短絡的な発想になりがちです。

しかし、経営者はそうした短絡的な視点ではなく、もっと大きなスケールで、もっと長期的な視点で考えています。「アジアの時代」と言われる現在、映画や音楽やファッションといった各業界で中国、台湾、韓国から新しいトレンドが生まれています。

そんな時代に、お茶やお粥を扱うアジアンカフェを展開するのは理にかなっています。もちろん、だからといってゴンチャが成功するとは限りませんが、目の前の出来事を見て短絡的に考えているよりはずっとマシです。

原田CEOが見ているのは、ビジネスとしてのメッセージです。商品やサービスを通じて、会社としてどんな発信するのか。その問いに「アジアンカフェのブランドである」という答えを出しています。

一方、「タピオカミルクティー」というのはメッセージではなく流行です。ビジネスというのは、自分たちのメッセージを、その時々の流行を利用して形にするのが仕事です。その両方が見えていて、うまく組み合わせられるのが本当の経営者です。

こうした見える風景の違いは、頭の良し悪しよりも、人間関係の違いから生まれています。原田CEOはゴンチャのスタッフから、CEOとして見られています。そうした視線を感じることで、人は自分の役割を自覚します。

この「他人の視線」と「役割の自覚」について意識的であるほど、自分にふさわしい場所で、自分と周囲にプラスになる働きができるようになります。また同時に、「だから自分はこれをやるんだ」と胸を張れるようにもなります。それが、人間関係に根ざした「信念論」が大切な理由です。

信念論とは?

人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が、行動力の正体です。信念論を知ることで、悩みや困難を乗り越えられるようになります。詳しくは下記リンクをご覧ください。