マインドレコーディング:あなたの可能性をマインド

は人体の最も重要な器官の1つであり、さまざまな記事でそれを育むことはあなたの可能性を解き放つ最良の方法の1つです。ここマインドレコーディングでは、あなたの認知能力を磨く上で非常に重要です。これについてもっと知りたい場合は、以下を読み続けてください。 

私たちについて

マインドレコーディングは、脳機能を強化する方法や多くの人々の生活に影響を与えるさまざまな記事に関するさまざまなコンテンツを共有するWebベースのプラットフォームです。これらのトピックには、科学、音楽、政治、スポーツ、ファッション、美容、健康などが含まれます。 

社会のさまざまな側面で知識を深めることがいかに重要であるかを知っているので、私たちは1つのコンテンツを共有することに焦点を合わせているだけではありません。さらに、ほとんどの人が知識を渇望していることは間違いありません。それを行うのが私たちの仕事です。 

以前は、私たちは一般の人々に関する意見やアイデアを共有する友人のグループにすぎませんでした。しかし、しばらくして、私たちの知識やコメントは、小さなグループで共有するだけでなく、全世界で共有する必要があることに気づきました。これにより、多くの人が自分自身を磨き、より良い生活を送るのに役立つ可能性のある特定のトピックに気付くでしょう。 

当初、私たちが共有するトピックが非常に用途の広い会社を設立することは困難でした。ほとんどの人が私たちを真剣に受け止めるのに苦労するからです。しかし、時が経つにつれて、私たちは主要なコンテンツクリエーターの1人になることができました。 

ミッションは、

  • 適切な脳機能を維持することの重要性を説明するために
  • 、さまざまなトピックに関する情報を共有するために
  • 私達の聴衆に従事するために
  • コンテンツを楽しま与えるために
  • お客様のために可能な限り最高のサービスを持っているために。

ビジョン

私たちは、人々がさまざまなトピックについて高度な知識を持ち、時々知的会話を行うことができる世界を想定しています。 

コアバリュー

マインドレコーディングの私たちの目標は、私たちが信じていることと、コア原則を適用することで目標を達成するための計画を視聴者に明確に伝えることです。以下の基本的な価値観を確認してください。

  • イノベーション -世界中で起こっている変化とイノベーションの途方もないペースに追いつくために、私たちは常にビジネス手法と戦略を洗練しています。その結果、私たちは常にお客様により良いサービスを提供する能力を向上させる方法を模索しています。
  • 誠実さ -私たちの会社は、クライアントが私たちに抱く信頼を大切にしており、その結果、私たちが提供する情報が真実で正確であることを保証するために多大な措置を講じています。
  • 顧客中心 -私達は私達の顧客の要求を満たすことを非常に重要視します、そして私達はそれらが満たされることを確実にするためにあらゆる長さを尽くします。お客様一人ひとりに、私たちが提供できる最高のサービスを提供するよう努めています。
  • コミットメント -私たちのスタッフ全員が、クライアントの期待に一貫して応え、それを超えることに取り組んでいます。 

お問い合わせ!

私たちが何をしているのかがわかったので、遠慮なく私たちに連絡して、私たちのサービスを問い合わせて利用してください。すべてのソーシャルメディアプラットフォームでお気軽にメッセージを送ってください

元AKB・野呂佳代「先輩芸能人」を手本にした結婚生活

元AKB48で現在はタレントの野呂佳代が結婚しました。相手はテレビマンで、お笑いコンビダウンタウンの番組『ダウンタウンなう』のディレクターを務めています。先日の放送では『本音でハシゴ酒』のコーナーに野呂が出演し、「坂上忍が婚姻届の証人になった」といったエピソードが紹介されました。 「恋愛は次のステップに進むためにいろいろ我慢したり、繕ったりするが、結婚すると自分のすべてを出せる気がする」。野呂は雑誌『ラ・ファーファ』のインタビューで、これまでの恋愛と現在の結婚生活の違いについてそう答えています。この結婚観のきっかけになったのは、元アイドルでタレントの松本伊代です。 松本伊代は夫のヒロミによって語られる、「子供に壁の落書きをやめさせようとして、その壁に『ここに描いちゃだめ』と注意書きをした」といった天然エピソードで有名です。そんな松本伊代とヒロミの関係について、野呂は「ヒロミさんは伊代さんのダメな部分や抜けている部分を受け入れながら、愛情をいっぱい持って、一緒にいるんだと思うんです。だからこそ伊代さんもずっとヒロミさんを尊敬している」「愛情をたくさん受けながら、私は私で彼を尊敬できるような夫婦でありたい」と考えています。 「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこうするんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。 野呂の体験は「お手本」です。野呂と松本伊代には、「元アイドルで現タレント」という共通点があります。だからこそ、野呂は相手にシンパシーを感じて、「夫から愛情をたくさん受けながら、夫を尊敬できるような夫婦」になることが信念になっています。 野呂はもともと外国人と結婚したかったと言います。そのことについて「英語を話せるわけではないけど、アメリカの文化が好きなので、外国人と結婚できたら楽しいだろうな」と振り返っていますが、これは空想に近い願望です。 海外で暮らした経験があって英語が流暢に話せたり、自分の両親が国際結婚だったりしていれば現実的になりますが、野呂の場合はそうではありません。だから野呂自身も「勝手に理想の結婚像を描いていた」と話しています。 結婚観や夫婦観に正解はありません。もし結婚に興味があるのなら、いろいろな結婚や夫婦のインタビューを読んで、その信念のありかを探してみてください。その人に信頼や共感を寄せているのならば、同じ職場で結婚している同僚や、自分の両親に馴れ初めを聞いてみるのも良いでしょう。

ワンピース】ルフィを殺さなかったナミの信念論

漫画『ワンピース』のナミはルフィと知り合った当初、海賊を毛嫌いしていました。自ら海賊を名乗ったルフィを、バギーという別の海賊に売り渡そうともしています。 ところがそのバギーからルフィを殺すように命じられると、その命令を拒み、近くにいたバギーの部下を殴り倒しました。この時、「今さら俺を助けてくれたのか?」と問いかけるルフィに対して、「私は非道な海賊と同類にはなりたくなかったから」と答えています。 この行動のきっかけになっているのは、海賊のアーロンです。アーロンはナミの育ての親であるベルメールを殺しています。ナミが「非道な海賊と同類にはなりたくない」という信念を持ったのは、この時です。 「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。

サッカー選手・中村憲剛「落ち込むチームメイト」に発揮したリーダーシップ

昨年12月、サッカーの中村憲剛選手が現役を引退しました。中村選手は2003年から18年にわたって川崎フロンターレに所属。三度のJ1優勝に貢献しました。 個人としても、Jリーグベストイレブンに計8回選ばれ、2016年にはMVPを受賞。2010年のW杯南アフリカにも出場し、昨年の引退セレモニーに一万人を超えるサポーターが集まりました。 そんな中村選手が雑誌『フォーブズ』のインタビューで、2017年のJ1初制覇について振り返っています。この年、フロンターレは11月のルヴァンカップ決勝で、セレッソ大阪に0対2で敗北。前年の2016年にタイトル争いに加わりながらも2位で終わっていたことから、リーグ戦についても「またか」という絶望感がチームに流れました。 このとき、中村選手は「チームを焚きつけなければ」と考え、練習中にボールを持っている相手に、いつもより激しくぶつかるようにしました。また、そのときにキャプテンだった小林優選手とも、「この雰囲気で負けたら、絶対後悔する」と話し合いました。 こうした中村の尽力が功を奏して、チームに再び戦う雰囲気が生まれたと言います。実際にフロンターレは残りのリーグ戦で3連勝し、J1初優勝を飾りました。 「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。 中村は気落ちするチームメイトを見て、「チームを焚きつけなければ」という信念を持ちました。この信念が形になったのが、「練習でいつもより激しくぶつかる」という行動です。そしてその結果、J1初制覇を達成しています。 中村と他のチームメイトの関係は、「リーダー」と「フォロワー」です。同じチームメイトでも、リーダーとフォロワーでは見える風景がまったく異なります。チームメイトが「もうダメだ」と沈んでいるのを見て、自分と周囲を鼓舞するのが本当のリーダーです。 この年、中村選手は3年間務めていたキャプテンを小林選手に譲っていました。しかし、ホームの等々力競技場で優勝を決めた時、中村選手と小林選手はどちらもキャプテンマークを腕に巻いて、優勝シャーレを掲げました。 また、小林選手はルヴァンカップで敗北した時に、「このチームは呪われてるんじゃないか、2位しかとれないんだな」と考えていたと言います。こうしたことからも中村選手が精神的なリーダーであったことは明らかです。 学校でも会社でも、あるいはサードプレイスでも、リーダーになるのは尻込みするものです。たしかにリーダーにはリーダーにしかわからない苦労がありますが、同時にリーダーにしかわからない感動があります。リーダーが気落ちするチームメイトに対して、何を考え、どう振る舞うのか。ぜひ他のリーダーについて調べてみてください。信念の仕組みがよりわかるようになるはずです。

元AKB・篠田麻里子「情けない」うまくできずに悩んだ母乳育児

元AKBで昨年第一子を出産した篠田麻里子が、育児雑誌『ひよこクラブ』で、子育ての体験について綴っています。篠田は授乳に慣れるまでに3ヶ月ほどかかり、その間にあった1ヶ月検診で、「(子供の)体重が減っています」と医者に指摘されました。 この指摘について、篠田は「自分が責められているかのように感じた」と振り返っています。また、初乳を与えた時も、助産師のマッサージがあまりに痛く、「『こんな辛いことをしないと出ないなんて』という情けなさも押し寄せてきて、ボロボロ泣いてしまった」と言います。 体重が減っているという事実を言われて、「責められている」ように感じる。マッサージの痛みが発端で、「情けなさ」が押し寄せてくる。人間関係で罪悪感を感じていると、こうしたことが起こります。篠田はこのことを自覚しているからこそ、「責められた」ではなく、「責められたように感じた」と分析できています。 篠田が影響を受けているのは、親子関係です。自分が親になると、「子供を育てる」「子供を守る」という意識が高まります。その意識に釣り合った結果を出せないと、「自分がやるべきことをやれていない」という罪悪感が生まれます。他人の言葉を「責められている」ように感じたり、身体的な問題について「情けなくて泣く」というのは、その罪悪感が喚起された結果です。 篠田は自分について「それまでは鉄のハートを持つ人間だと思っていた」と言います。アイドルとして芸能界を生き抜いてきた人間ならば、図太い一面を持っているのも確かです。しかし、それはあくまでも「仕事の人間関係」に対してです。 仕事でもプライベートでも、大抵の選択は自分で選択して、自分で責任を取ることができます。しかし、子育てはそうではありません。「自分の選択が、子供の生命や未来に関わる」という緊張感があります。親子関係について、普段とはまったく異なる繊細な一面が現れるのは、そのためです。 人間関係の悩みは、人間関係をコントロールすることで解決します。今回のような場合に大切なのは、バランスです。生まれたばかりの子供を持つ親が、親子関係に偏るのは当然です。しかし、一つの人間関係に偏りすぎると、思考や感情が暴走します。いわゆる「思い詰める」という状態です。こうした暴走は、別の人間関係を意識できると収まります。 子育ての場合、すでに子育てを経験している自分の母親や義理の母親に相談するのが最善策です。もしそれが難しいならば、子育てのアドバイザーを頼るのが次善策です。一人で背負いこむのはよくありません。 悩みは具体的に解決するのが一番ですが、その悩みを誰かと共有して、心を軽くするのも大切なステップです。問題が起きている人間関係にアプローチするのではなく、別の人間関係に注目して心のバランスを取る。そうすることで解消に向かう悩みはたくさんあります。 人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論は、習慣化のための手段です。しかし、ほとんどの悩みは人間関係が絡んでいるため、信念論によって悩みが解消することも珍しくありません。 子育てについて、自分の母親や義母に相談するのは、「子育てに対する信念が継承している」と見ることもできます。育児本は子育ての知識を知る上では役立ちます。しかし、本を読むだけでは不安や心配はぬぐいきれません。それは、「安心」を含めたあらゆる感情が、人間関係によって生まれるものだからです。

「ダービー馬を育てたい」調教師に転身する騎手・蛯名正義

競馬騎手の蛯名正義選手が現役を引退し、調教師に転身します。蝦名選手は34年の現役生活で、JRA通算2538勝、JRA・G1レース26勝、フランスG1凱旋門賞2着2回など優れた成績を残しました。 蝦名選手が調教師になる決意をしたのは、調教師試験を受けた3年前です。この年は、蝦名選手が「お世話になった」という二人の調教師の引退が重なり、「応援してくれている馬主さんのためにも、違った形で応えたい」と考えました。その「違った形」というのが、調教師です。 この蝦名選手の転身について、背中を押した人物がいます。それが同じジョッキーの武豊選手です。武選手は蝦名選手と同じ1987年にプロデビューした、競馬学校の同期です。二人は同じタイミングでアメリカ遠征や凱旋門賞に挑んだライバルでもあります。武選手は蝦名選手について、「ただの仲のいいジョッキーではないですからね」と雑誌『GALLOP』のインタビューで話しています。 海老名選手もこのインタビューを読んでいて、武選手の「蝦名厩舎の馬でダービーに勝ちたい。エビちゃんにダービーを勝たせてあげたい」という言葉を取り上げて、「実際、そうなるように頑張っていきたい」と話しています。 蝦名選手は日本ダービーに25回挑戦しましたが、2着2回という成績で引退することになりました。そうした因縁のあるレースだからこそ、「調教師としてダービーを制覇できるように頑張りたい」という信念を持っています。 「頑張ればうまくいく」という根性論でもなければ、「こうすればうまくいく」という方法論でもない、人間関係に根ざした「だから自分はこれをやるんだ」という信念論が人間には必要です。この信念論のパターンを覚えれば覚えるほど、自分の信念も自覚できるようになります。 蝦名選手と武選手の関係は、30年以上つきあいのある「旧友」であり、競い合った「ライバル」です。武選手は「『調教師を目指す』と言ってきた日のことを思うと、いろいろと込み上げてきますね」と話しています。そんな相手から、「お前の育てた馬でダービーを勝ちたい」と言わているからこそ、それが励みになっているのです。 蝦名選手は日本ダービーの未制覇について、「それが現実」「何を言っても過去を変えることはできない」「悔しい思いをした経験も生かしていかなければならない」と話しています。これは、ただ武豊選手に背中を押されただけではなく、本人にもそのつもりがあったということです。 「背中を押す」というのは、背中を押される側にそのつもりがあるからできることです。「悔しさを生かす」という蝦名選手の自力と、「旧友を応援する」という武選手の他力。人生が前に進む時は、この自力と他力の揃っています。 周りがいくら応援したくても、本人にそのつもりがなければ、行動や結果には結びつきません。また、本人がいくら頑張りたいと思っても、誰も応援しなければ長続きしません。蝦名選手の転身のように、「実はこんなことを考えているんだ」と腹を割って話せる友人の存在は、新しい道を進んでいく原動力になります。